Pro Capture Quad SDI

4 チャンネル HD キャプチャカード
  • SD/HD/3G-SDI x4

インターフェース

搭載機能

PCIe 2.0
2k x 2k キャプチャ
Windows 互換
Linux 互換
Mac OS X 互換
アップ / ダウン・スケール
インタレース解除
マルチストリーミング
入力信号の自動検出
高性能ビデオプロセス
イメージ制御
様々なカラースペース出力
SG-DMA 転送モード
複数カードの同時利用
ハードウェア・タイムスタンプ
マウント用ホール
ロータリースイッチ
高速メモリ
LED インジケータ
ファームウェア更新
ユニバーサルドライバ
連続稼働

技術仕様

Pro Capture Quad SDI
対応 OS Windows 7 / 8 / 8.1 / 10 / 2008 / 2008 R2 / 2012 (32 / 64 ビット)
Linux (V4L2 ベース、x86、x64、アームアーキテクチャ対応)
Mac OS X
対応 API Windows
・ DirectShow
・ DirectKS
・ Wave API / DirectSound / WASAPI
Linux
・ V4L2
・ ALSA
入力系統数 4 系統
入力インターフェース 4x BNC
・ SD/HD/3G SDI
出力インターフェース PCIe Gen2 x4
入力機能 入力ビデオ解像度 最大 2048 × 2048 ピクセルまで対応
SDI 機能 最大 230 M の HD 信号ケーブル長に対応するケーブルイコライザーを統合化
SD / HD / 3Ga / 3Gb / 3Ga-DL / 3Gb-DS 標準に対応
2K (2048 × 1080)モード対応
カラーサンプリング RGB 4 : 4 : 4、YCbCr 4 : 4 : 4、YCbCr 4 : 2 : 2 対応
10 / 12 ビット・カラーデプス対応
SMPTE 352 ペイロード識別子の抽出に対応
48 KHz 最大 8 オーディオチャンネル対応
オーディオ構成情報およびチャンネルステータスデータの抽出に対応
3Gb-DS 制限付き対応: キャプチャ可能な最初のストリームのみ
3Gb-DL 制限付き対応:
・ 2K YCbCr 4 : 2 : 2、10 ビット 1080p 50 / 59.94 / 60: 1080i 50 / 59.94 / 60 としてキャプチャ
・ 他のモード: フル対応
デュアルリンク・インターフェースで最初のリンクのキャプチャにおける制限付き対応:
・ YCbCr 4 : 2 : 2 10 ビット 1080p 50 / 59.94 / 60: 1080i 50 / 59.94 / 60 としてキャプチャ
・ YCbCr 4 : 4 : 4 10 ビット: 4:2:2 としてキャプチャ
・ RGB 4 : 4 : 4: R / B サブサンプル化
ビデオ出力フォーマット 出力イメージ解像度 最大 2048 × 2048 ピクセルまで対応
最大 144 fps の出力フレームレートに対応(実際の出力フレームレートは PCIe のバンド幅、より大きいイメージ解像度(1280 × 1024 以上)、オンボードのビデオプロセス・ハードウェアのピクセルクロックによって制限されます。 例) 1920 × 1080 の最大フレームレート = ~80 fps
4 : 2 : 0、8 ビット出力フォーマット: NV12、I420、YV12
4 : 2 : 2、8 ビット出力フォーマット: YUY2、YUYV、UYVY
4 : 4 : 4、8 ビット出力フォーマット: V308、IYU2、V408、BGR24、BGR32
4 : 4 : 4、10 ビット出力フォーマット: V410、Y410
DirectKS 向け Pro Capture SDK を介することで、より多くの出力フォーマットに対応可能
ビデオプロセス機能 プロセスパイプライン(2 本)の処理バンド幅: ~180 Mpixels/s
完全な 10 ビット・ビデオプロセス
ビデオ・クロッピング
ビデオ・スケール
ビデオ・インターレース解除
・ Wave
・ トップ・ボトムフィールドの合成
・ トップフィールドのみ
・ ボトムフィールドのみ
ビデオ・アスペクト比変換
・ 入力アスペクト比を自動またはマニュアルで選択
・ 出力アスペクト比を自動またはマニュアルで選択
・ 3 つのアスペクト比変換モード: 無視(アナモフィック)、クロッピング、パディング(レターボックスまたはピラーボックス)
ビデオ・カラーフォーマット変換
・ 入力カラーフォーマットと量子化範囲を自動またはマニュアルで選択
・ 出力カラーフォーマットと量子化範囲、サチュレーション範囲を自動またはマニュアルで選択
・ RGB、YCbCr 601、YCbCr 709、YCbCr 2020 カラーフォーマットに対応
・ 限定的または完全な量子化範囲に対応
・ 拡張されたガマット' サチュレーション範囲への限定的または完全な対応
ビデオ・フレームレート変換
ビデオ OSD 合成
・ PNG OSD イメージ(最大 2048 × 2048)に対応
・ SDK を介して、RGBA OSD イメージのダイナミックな読込に対応
カードの複数搭載 ひとつのシステムに複数のカードを搭載可能
カードの番号を指定するオンボードのロータリースイッチ(0 ~ F の 16 番地)を搭載
システムのハードウェアデバイスツリー表示 “01: Pro Capture AIO” (ロータリースイッチを 1 に設定した場合)
ソフトウェア上では、ビデオ・オーディオデバイス名にカード番号(ロータリースイッチで設定)も含まれて表示
マルチストリーム出力 あらゆる入力チャンネルに対する出力ストリームは無制限
個々のストリームそれぞれに対して、個別にクロッピング、アスペクト比、カラーフォーマット、解像度、フレームレート、インターレース解除、色調整を設定可能
超低遅延サポート 64 ビデオラインの遅延
SDK での部分的な通知モード
タイムスタンプ & A/V 同期 100 ns 高精細なハードウェアベースのクロック
ハードウェアクロックで刻まれるオーディオフレーム(192 オーディオサンプル)とビデオフレーム
カード同士でのハードウェアクロックを同期可能(要 SDK)
ビデオ出力 SG-DMA PCIe 2.0 システムにおける DMA バンド幅: チャンネルごとに ~400 MB/s
PCIe 1.0 システムにおける DMA バンド幅: チャンネルごとに ~200 MB/s
Intel 製 GPU の自動検出
AMD ビデオアダプタチップセット用 DirectGMA 対応
Nvidia ビデオアダプタチップセット用 GPUDirect 対応
SDK 容易な統合化を実現する DirectShow 向け Pro Capture SDK (Windows)
柔軟性と性能を最大化する DirectKS 向け Pro Capture SDK (Windows)
Windows ドライバの微調整 3 段階のレジストリーキーによって全オプションの制御が可能: グローバルレベル、プロダクトレベル、デバイスレベル
レジストリーキーを介して、ビデオ、オーディオ、クロスバーフィルター名のカスタマイズ可能
ファームウェア更新 同システム内の複数カードを同時にアップグレード可能
使用中でなければシャットダウンの必要なくカードのアップグレード可能
安全なアップグレード: ファームウェアアップグレード中に電源オフまたはシステムダウンが発生した場合、最初のバージョンへ自動的にリストア(ファームウェアバージョン 1.21 以上で有効)
LED インジケーター 各チャンネルの動作状況を示すステータス LED インジケーター: アイドル状態、入力信号ロック、メモリエラー、FPGA 構成エラー
フォームファクター ノーマルプロファイル PCIe x4 アドオンカード
112.15 mm x 102.92 mm (PCI ブラケット含まず)
アクセサリ
消費電力 最大 12V 時: ~0.6 A
最大 3.3V 時: ~2.4 A
最大消費電力: ~14.3 W
動作環境 動作温度: 0 ~ 40 ℃
保管温度: –20 ~ 70 ℃
相対湿度: 5 % ~ 90 % 結露なきこと
[ 更新日: 2016.10.18 ]

お問い合せ・ご購入

只今、こちらの製品はお取り寄せとなっております。ご購入の場合は、下記フォームから価格表(注文書)希望にチェック、問い合せ内容に製品名をご記入の上送信ください。

※のある項目は必ずご記入ください。

  • ※ 氏名
  • フリガナ
  • ※ メールアドレス
  • ※ 会社名
  • 部署
  • ※ 電話番号
  • - -
  • 住所
  • Magewell 製品を何で知りましたか?
    サーチエンジン(Google、Yahoo 等)口コミプレスリリース・記事広告展示会・イベントその他
  • ※ 問い合せ内容